ねてもさめても

<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

着付け教室 4回目

c0146637_2155277.jpg
今回持って行った着物。
お仕立てした木綿着物&リサイクル屋で購入した鳥柄?名古屋帯。

私が通っているのは、日本和装の4ヶ月無料着付け講座。
全15回のカリキュラムが組まれていて、途中「セミナー」という名の販売会もあります。
お稽古の内容も販売会も、担当の先生によるところが多いようですが
私の担当先生は良くも悪くも歯に衣着せない、良い先生です☆良かった。

1回目 説明会
2回目 普段着の着方
3回目 名古屋帯の結び方
4回目 名古屋帯の結び方(ポイント柄)

先週末で4回目、名古屋帯(普段着に締めるカジュアルめの帯)の仕上げです。
前回から帯のお稽古が始まったのですが、一週間首と肩が回らないほど痛かった。
寝違えかと思っていましたが、どうやら背中で帯締め作業をした事による
筋肉痛だった模様(笑)情けない。

c0146637_20594667.jpg
まだまだ襦袢と着物も上手く着れません。
とりあえず着方は覚えましたが、
しわがよったり長襦袢の襟元が
すぐに崩れたり(T_T)

お稽古で一番動いているはずなのに、
襟が一つも乱れない先生はさすがです!
今回で名古屋帯のお稽古は終わりなので
必死についていきました。

最初は先生に教わりながら皆で帯を締め、
OKを貰った人から帯を解き、
1人で締めなおす。
何とかかんとか、出来たかな~?

(↑帰宅後、クローゼットの中の鏡に向かって撮影)
今回は命知らずな事に、着物で帰宅しました。
「草履持ってきましたが、これ(この着方)で帰って平気ですか?」
と先生に聞くと、
「私はいちゃもんをつけるのが仕事なので、平気かと言われたら平気じゃないけど・・・」
と仰りながら、色々直してくださいました。
次はもっと衣紋を抜いて着るようにとのこと。

成人式以来の着物、もちろん綿のふだん着物なんて着るのは初めて。
ですが、自分で選んだ組み合わせなので、素材や色合いの雰囲気は、
ふだん着ている洋服とそんなに変わりません。
襦袢の襟が崩れたり、帯の上がシワシワだったりで余裕がなく、
一目散に帰宅しましたが、着物で外出、ドキドキ楽しかった☆
ピシッと立つのがきついようで腰が痛い。
帰宅し撮影したあとは全てを脱ぎ捨て、寝ちゃいました(笑)
着物生活への道はまだまだです☆

次回は帯セミナーですが、変えられない予定がある私は欠席。
再来週はやわらかもの(正絹のツルッとした着物)と
袋帯(フォーマルにも使える基本の帯)のお稽古。
やわらかものと袋帯は、自分で買ったものがないので
母からのもらい物や借り物ですが、可愛い組み合わせを考えよう☆
また着て帰ってこれるよう、晴れてくれ~
[PR]

デジカメ新調

c0146637_20361782.jpg
デジカメを新調しました、念願の一眼レフ(*^_^*)
写真が劇的に垢抜けるかと思っていましたが、結局は撮る人のセンス。
説明書を熟読し、宝の持ち腐れにならないよう頑張ります☆
買ったのはPanasonicのLUMIX、「世界最小」に惹かれました。

↑写真は久々、じぃの庭の謎のノッポ花。
すっごくキレイなのですが、二階建ての隣家の屋根くらいの高さ。
見上げてもよく分からないくらい高すぎ!
c0146637_20372524.jpg
こちらは玄関アプローチ部分の階段手すり。
親世帯のことを考えて、
10万円前後のプラスに涙しながら付けた手すり。
まったく意味なし!!!!!
壁の上の青と白のプラ鉢含め、
もちろんじぃの仕業です。

デジカメ新調の際、
古いデジカメをじぃにあげました。
嬉々として庭の写真を撮りまくり
花の写真をA4サイズに現像してました。
(ーー;)

写真で勝負しよう、額に入れて玄関にたくさん飾ろう!
との提案を頂きましたが丁重に断りました。
勝手に写真を玄関に飾ったら、実家に帰ります(笑)

・・・あげないほうが良かったかなぁ
ちょっと不安です(T_T)
[PR]

新たな趣味

久しぶりの更新です。
10月は芸術強化月間というわけではありませんが、
なぜか予定が重なり、ライブライブ宝塚に歌舞伎にオフ会に・・・と
趣味満載の1ヵ月となりました。

そんな中、多趣味な私の前に現れた新しい世界
それは「キモノ」でございます。
先月から着付け教室に通い出しました。

成人式以来、浴衣しか着たことがない全くの素人ですが、
お能や歌舞伎が好きなこともあり、和物は得意な方。
しかし和裁士をしていた母に、なにかと着物や浴衣を解いて作った小物などを持たされたり、
小学校指定の裁縫道具を買ってもらえず、母セレクトの和裁道具を使わされたり・・・
という経験から、着物や和裁についてのイメージはイマイチ良くなかったかな。
まぁ何より、お着物=お金がかかるというイメージで、縁遠いものでした。

が、着物が趣味の同僚からきくちいまさんの本を借り、
「ふだん着物」というジャンルを知りました。
洋服のコーディネートよりシンプルだけど奥深くて、しかもめちゃくちゃ可愛い☆
ハレのキモノでなくふだん用キモノということで敷居も高くなく、お金も(あまり)かからず
無理せず楽しめそう~と、すごいスピードではまったのでした。

実家や義理の母などあちこちからキモノ狩りをし、
リサイクル屋さんをはしごし、自分と義母の振袖を袖つめのお直しに出し、
木綿着物のお仕立てもしました←仕立てても洋服と同じような価格☆
もう後へは引けません(笑)
オタクな性分ゆえ、なにかに「ハマる」というのが得意。
まだ自分で着て出かけられない状態なので不完全燃焼なのですが、
自分で着られるようになったら、和と洋半々ぐらいの割合で
お出かけできたら楽しいかな~と妄想中。
c0146637_18182100.jpg
↑はリサイクル屋で買ったふだん着物の組み合わせ(お召しと八寸名古屋帯)
ボルドー色の足袋と、半襟用の水玉模様のハギレもゲット。

↓はあちこちからかき集めた袋帯たち。
晴れ着用のものなので華やか過ぎ。
c0146637_18201538.jpg着物屋さんのセールス攻撃を何度かくらい、
少しづつ世界が見えつつある状態←一番楽しい。
衣装箱に入りきらないくらい着物関係のブツが集まったので、タンスを新調しようと検討中。
しばらく着物の記事が多くなりそうですが、見守ってください。
そして着物の記事がアップされなくなったら、突っ込んでください(笑)

今日は久々にゆっくり家具屋に行ったり、近所で買い物。
探していた葉唐辛子をようやくゲットしたので、
以前作った実山椒の佃煮とあわせて煮付けてます。
[PR]