ねてもさめても

カテゴリ:漬けたり干したり( 19 )

梅仕事2009 漬け込み~紫蘇投入

ご無沙汰してしまいました。
この時期はライブとかライブとかが目白押しで・・・(^_^;)

遡り日記になりますが、今年の梅仕事の記録を。
今年はタイミングが悪く、仕込むのが少し遅くなってしまいました。
蒸し暑い気候のせいか梅の傷みが早く、週末を待てず平日の夜に室内で行ないました。

6/18 漬け込み
梅5キロ
自然塩 20%弱
状態ごとに分けながらヘタ取り
c0146637_18572374.jpg
洗って水気を切った梅に、ホワイトリカーと塩をまぶし樽に並べる。
今年は夫も梅仕事に参加。
c0146637_18574279.jpg
はじいた梅も多かったので
用意した1キロの梅をかなり余らせました(アバウト・・・)
c0146637_18575480.jpg
重石は梅の倍量が基本、9キロ。
白梅酢が上がったら半量に。
c0146637_1858885.jpg

6/22 赤紫蘇投入
育てた赤紫蘇を入れたい!と思っていましたが、彼らの全長はまだ5センチ(笑)
諦めて、市販の赤紫蘇を4袋。
c0146637_1902124.jpg
葉だけをちぎった紫蘇を水洗いし、塩もみしてアクを出し、
白梅酢と混ぜ色出しをしてから樽に投入、翌日に重石をはずしました。
c0146637_1904739.jpg
今年は少し黒いところのある梅を入れたことと、
塩の量や、重石を減らすタイミングなど 手順の数々がアバウトだったため
仕上がりがとてもとても不安です!
今のところカビなどは出ていませんが、昨年美味しく出来すぎたため
あれを超えられないまでも、失敗したくない~~(T_T)
早く干したいです。

梅雨明けにつづく
[PR]

漬けたり干したり

最近の趣味・・・漬けたり干したり(笑)
c0146637_22494262.jpg
漬けたり干したりの楽しさを充分味わえた梅仕事も無事終了し、
梅干し臭漂うお部屋ともサヨナラ。
以前漬けたラッキョウも美味しくできたし、暑くなりぬかみそも絶好調に良い香り。
漬けていくうちの素材の変化の楽しさや、天日干しの素晴らしさをもう少し味わいたくて色々やってます。
c0146637_22501151.jpg←今年仕込んだ梅酒と、
先日仕込んだコーヒー豆酒。

梅酒はまだまだですが
コーヒー豆酒は
2週間で飲めるので楽しみです☆

はやく味見したい(#^.^#)

紅生姜仕込みc0146637_2251436.jpgc0146637_2252224.jpg
梅干しの赤梅酢を使って色々やりたい!と思い
まずは新生姜を使って、紅生姜を仕込んでみました。
まずは重石をして生姜を塩漬け。
水が上がってきたら生姜を洗って陰干しし梅酢に漬け込みます。
漬けては梅酢を替えを3回繰り返し、本漬けに入るようですが
美味しくできるかな~~(*^_^*)
c0146637_22505322.jpgこちらは、ベランダで採れた
月桂樹と唐辛子を干してます。
湿気も多いしイマイチカラカラになりませんが、
だいぶ良い感じになってきました。
もう少し自家製唐辛子が溜まったら、
ホワイトリカーに漬け込んで唐辛子酒を作る予定。

う~ん、趣味がおばあちゃん化してる気がする・・・
[PR]

梅を干す

梅干し
c0146637_1463059.jpg
お天気がイマイチですが、この週末でベランダに梅を干してます。
一粒を夫と半分づつ味見しましたが、柔らかくてジューシーで酸っぱくて美味しくて飛び跳ねた(>▽<)
干している間、雨が降らないことを祈ります。
c0146637_142034100.jpgc0146637_1421227.jpg
塩もみした赤紫蘇を入れて約1ヶ月・・・真っ赤になった梅クン。
紫蘇の汁を切り、こいつも天日干し。

白梅酢をとり過ぎたせいか、赤梅酢の量が少なめ。
白梅酢が好きなので良いのですが(白梅酢欲しさに梅を漬けたと言ってもいいくらい)

早く食べたい~(食べてるけど)
何かとベランダに出ては、梅の香りと可愛い姿にニヤニヤしてます。
[PR]

梅干し漬け

梅干し漬け
c0146637_22142765.jpg
今日はあいにくの雨でしたが、友人と梅干し漬けをしました。
梅干し大好き人間な私ですが、自分で漬けるのは初めて。
以前は実家で漬けたものを送ってもらっていましたが、母もここ数年漬けなくなったため貰えず、自分で漬けたいと思いつつタイミングを逃していました。
実家で漬けるときに母の手伝い(というか見てるだけ?)はしていましたが、自分でやるとなると???
昨年、今年と漬けている友人達と一緒に、教えてもらいながらやりました。
完熟梅が良い香りで、楽しかった~~
・完熟梅 5kg
・天然塩 15~20%(今回は20%にしたので1kg)
・ホワイトリカー 梅や道具の消毒に使う
(漬け樽(15型)・重石(梅の倍の重さ)・漬物袋・爪楊枝・霧吹き)
c0146637_22144742.jpgc0146637_22153212.jpg
忘れないように記録
(漬け方は人それぞれ、本やネットなどでも様々ありますので、あくまでも私の場合)

梅は黄~赤の完熟のものを使う、完熟なので水に浸けずに。
梅を水で洗い、爪楊枝でヘタを取る。
ヘタのくぼみを下向きにしてタオルの上に並べ、30分くらいしっかり水を切る。

樽や重石など使用する道具にホワイトリカーを霧吹きし消毒、もちろん手にも。
(道具は本当は煮沸した方が良い)
ボールにホワイトリカーを入れ、梅によくまぶす。
樽の底に塩を敷き梅を並べる(ヘタのくぼみに塩を付けながら)
梅を並べ塩をまぶし・・・を繰り返す、塩1/3を残すようにする。
梅が全て入ったら残りの塩を表面にまぶす、ボールの中のホワイトリカーも入れる。
敷き蓋をし重石を載せ、水分が飛ばないよう上からビニールを被せ紐などで縛る。

c0146637_2215533.jpg
冷暗所で保管し、梅酢が上がってきたら重石を減らし赤紫蘇を入れる場合は入れ、
土用までカビが出ないよう保管する・・・との事。
漬ける作業は簡単だけど、これからの管理の方が難しそうかな。
どうなる事やら(#^.^#)
c0146637_22163892.jpg
梅仕事のあいまにお昼、パンを食べました☆
リスドォル&小麦全粒粉50/50の割合で焼いた食事パン、香ばしくて美味しかった。
黒いパンはいつものいちぢく&くるみのライ麦パン、これにはカッテージチーズをつけて食べるのが好き。
いただき物のさくらんぼも美味しかった。
地味な漬物作業も、食べたりおしゃべりしながらやるとあっという間です。

念願だった梅干し漬け(#^^人#)
やっと大人の仲間入りをした気分、上手に出来上がりますように~~!!
[PR]

大豆醤油豆

大豆醤油豆
c0146637_2295820.jpg
香川県の郷土料理との事、本で見てあまりに美味しそうなので作ってみました。
本来は「乾燥そら豆」で作るものらしいですが、
手に入れやすい大豆で作るレシピも一般的なようです。
大豆醤油豆 材料
・乾燥大豆 1カップ
・醤油 1/3カップ
・水 1/2カップ
・砂糖 大さじ3
・酒 大さじ3
・タカノツメ 1~2本
・昆布(細切り) 10センチくらい

c0146637_2252148.jpg・大豆を、たっぷりの水に一晩つける。
・水を切りザルにひろげ、2日間陰干しにする。

豆をかき混ぜながら均等に乾燥させること、
表面に少ししわがよります。
c0146637_2262746.jpg・厚手の鍋に大豆を入れ
 弱火で30~40分じっくり炒る。

しっかり色付くまで炒りつけるのがコツ☆
香ばしく炒りあがったら、ボウルに上げておく。
c0146637_2265534.jpg・小鍋に醤油・水・砂糖・酒を煮立て、
 火を止めてからタカノツメと細切り昆布を加える。

これが漬け汁になるので、味つけはお好みで。
c0146637_2271826.jpg・汁が熱いうちに、炒った大豆にまわしかける。
・冷めてから蓋付き容器に移し、
冷蔵庫で2日ほど漬け込んだら完成。
c0146637_2281082.jpg★1日経ったところ★
だいぶ汁が減ったので、均等によくかき混ぜておく。
まだ醤油の染み具合が足りませんが
またこのお味も美味しいです。
漬け具合もお好みでどうぞ。
大豆好きにはたまらない美味しさに出来上がりました。
まず炒った大豆が既に美味しかった、節分の豆を枝豆の歯ごたえにした感じ?
豆を炒る香ばしい香りとともに、パクパクつまみ食いが止まりませんでした。

2日漬けるとしっかり味が入ります、味はしょっぱくしすぎない方が良いかも。
汁っ気が少ないのでおかずというよりも、おつまみというかお茶請け感覚で食べちゃいます。
醤油豆と甘納豆を交互に食べたら・・・きっとお茶が止まりませんよ。
ひたし豆や節分豆がお好きな方でしたら、絶対ビンゴなお味ですので、
良かったらお試しください、日にちは掛かるけど手間要らずです。
炒り大豆をたくさん作って、色々アレンジするのも良さそう・・・

blogランキングに参加しています。
美味しそう☆と思っていただけたら
ぜひクリックをお願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

はつみつ黒酢ラッキョウ

今日は暖かかったですね、やっと気温も落ち着いてくれるのかな?
暑くなると、カーブスでのワークアウトもきつくなりそうかな。
今日も仕事後に行きましたが、異様にヘロヘロでした(^_^;)
先日久々に会った友人に「痩せた?」と言われました。
「うん、痩せたかも?!」と自分で肯定してしまうところが駄目なのですが
来週は3回目の計測週間、楽しみです☆

少しの気温の上下で、食べたいものって変わりますよね。
鍋が食べたいとか、そうめんが食べたいとか(笑)
私も早くもさっぱりしたものが食べたくなり、
先日塩水に漬けたラッキョウを、塩抜きして、本漬けしました。c0146637_21474240.jpg
今日漬けたのは定番の甘酢と、はちみつ黒酢。
このはちみつ黒酢(黒酢150ml+はちみつ100ml)がウマイ!!
ラッキョウを漬けなくても、このままソーダで割って飲みたいくらい☆
これと塩水漬けのままのと、先日漬けた味噌漬けラッキョウ、
しばらくお漬物はいらないかな~早く食べたいです。
c0146637_21533876.jpg
そして夕飯はイワシの梅干し煮、大好きです。
これにはご飯よりお酒が欲しくなりますね。

ラッキョウに黒酢に梅干し・・・これってまさか?
と思うほど、すでに夏味覚になってます。
夏は苦手ですが、夏の味覚は大好きです(#^.^#)

blogランキングに参加しています。
美味しそう☆と思っていただけたら
ぜひクリックをお願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

ラッキョウとピクルスと大葉っ子

今日は夫はお仕事、義両親は週中から旅行中☆
邪魔者は・・・イヤイヤ他に誰も家にいない休日は珍しいので、
なんだかテンションが上がりました。
午前中からカーブスに行き、昼間のスーパーを物色。
色々な野菜などを衝動買いしつつ帰宅。
天気も良くないし掃除洗濯はまたにして(笑)好きなことをしよう。

音楽をかけながら、ラッキョウ洗い。
キレイに洗って、根を切り落とし、真っ白でピカピカになりました☆c0146637_2151062.jpgc0146637_2153457.jpg
c0146637_2155740.jpgラッキョウの「塩水漬け」と「味噌漬け」
塩水漬けはそのままでも美味しいし、
別の漬け方の下漬けにもなるそうです。
甘酢漬けや醤油漬けにするのもいいかな~

次は、ミニキュウリとミニアスパラのピクルス☆
ミニアスパラはすぐに漬かりそうかな?

c0146637_2162892.jpg一緒に撮ったのは私のバイブル「漬け物百貨」
私の料理に漬物(野菜やきのこや豆など何でも)が多いのは、この本のおかげなんです。
様々な漬物が載っていて、読んでるだけで楽しいのです。
今年こそは梅干しに挑戦したいです。
c0146637_217253.jpg今日の夕飯
肉じゃが、カツオのタタキ、
ほうれん草と車麩のお味噌汁。

←カツオタタキにのせた可愛い葉っぱ達は、
「大葉スプラウト」とでも言うのでしょうか?
c0146637_21224450.jpg←これです、昨年種を落とした大葉が絶賛発芽中で、間引きをした葉っぱ達です。
きれいに洗って、葉の部分だけにすると、小さいながらもしっかり大葉の味と香り。
大葉より口当たりが柔らかくて美味しいかも。
可愛いし切る手間もいらないし、これからも使い続けたいところですが、季節限定品です☆
おかげで手がカサカサですが、
時間を忘れて、キッチンでゴソゴソやるのはやはり楽しい~
これで美味しく出来てくれれば完璧なのですが、
作る作業が楽しいので、とりあえずもう満足です(笑)
ラッキョウ、こんなに食べられるかな・・・

blogランキングに参加しています。
いいねぇ~☆と思っていただけたら
ぜひクリックをお願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

生めかぶ 三杯酢漬け

めかぶ三杯酢漬けc0146637_23313780.jpg
本日久々にスーパーで発見した「生めかぶ」
毎年、今くらいから春先までお店で見かけるのですが、いつも売れ残って値引きされています。
日持ちがしないからなのか売れていないのか・・・
一度食べると手軽さと美味しさに、やみつきになります☆
c0146637_23291642.jpg
茹でる前の状態
(今回は写真を撮る前に切ってしまったので、以前の写真です)
今回は茹でる前に3等分、茎の太い部分を縦に切りました。
c0146637_23312467.jpg刻むと切り口からネバネバが出て付け汁が濁るので、小さくしすぎないように。
茎の部分の歯ごたえが美味しいのです☆
切っためかぶを熱湯で茹でます。
黒い色がさっとグリーンになり、磯の良い香りが漂います。
茹で時間はお好みですが、2~3分でOK。

容器に三杯酢(酢・砂糖(みりん)・醤油)を作り、茹でためかぶを入れ漬込みます。
めかぶの大きさにもよりますが、かき混ぜながら1~2日で食べ頃に。
ぶつ切りをコリコリ頂いても良いし、刻んで納豆と混ぜても美味。
[PR]

めかぶ

c0146637_23585757.jpgc0146637_23591728.jpg



生めかぶがが手に入ったら必ず作る三杯酢漬け。
真っ黒なめかぶを茹でると、写真のように(あまり色が良くありませんが)
鮮やかなグリーンになります。
キッチンいっぱいに磯の香りが広がって、新鮮な気分に。

好みの大きさに切り、三杯酢に漬け込みます。
歯ごたえを楽しみたい場合は大きめに切る(2~3日後が食べごろ)
細かく刻んで漬ければ一晩で食べられますが、切り口からネバネバネが出るので汁が濁ります。
ちなみに三杯酢は 酢・醤油・砂糖(みりん)を同量ずつ。
私は酸っぱめが好きなので、酢を多めにします☆

大きめのぶつ切り位の大きさにして漬け、二日目に食べました(刻んで)
太い茎の部分は硬いのですが、歯ごたえがあって美味しい!
茎の太い部分は縦に切ってから漬ければ、さらに味がしみて食べやすそうです。
[PR]