ねてもさめても

2008節分(手巻き寿司)と調味料のはなし

ここ数年流行の、厄落としの恵方巻。
節分の夜に、その年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかぶり。
今年は手抜き&こじ付けで、手巻き寿司にしました☆
c0146637_18451835.jpg
太巻きでも丸かぶりでもないけど、いちおう今年の恵方、南南東(正確には丙の方位)を向いて食べました。

いつも料理にはてんさい糖や三温糖を使用しているのですが、実家の母のアドバイスで寿司酢には上白糖を使うようにしたら、簡単に美味しくできるようになった気が。
小豆を煮る時にも、買ってきてでも上白糖にしろといわれています(理由はよく分かってません)

ちなみに我が家にはてんさい糖、上白糖、黒砂糖、グラニュー糖、粉糖と砂糖がたくさん。
塩も、普段使い用の「瀬戸のほんじお」、ぬか味噌とお風呂用に粗塩、とっておき用の「土佐の塩丸」、岩塩、クレージーソルトなど。
酢はミツカンの「純米酢」と「米酢」がお気に入りで、今は黒酢のお気に入りを探し中・・・そう、調味料やスパイスが大好きなのです。

あくまでも使うためのものなのでコレクターではないのですが、調味料専用の収納にズラリは憧れます(笑)
高価なものをお取り寄せするのではなく、スーパーで簡単に手に入る範囲のもので(自分にとって)良いものを選ぶことが出来ればなと思います。
お醤油は奥が深そうで手を出していないのですが、キッコーマンで満足(うすくち醤油LOVE)
お取り寄せした「土佐の塩丸」はもったいなさ過ぎて使えず、ホコリ被ってますもん(笑)
あんこを作って、仕上げに超粗挽きの岩塩をパラパラ・・・こういうのが好きでやめられません。


手巻き寿司は何回かやった事があるはずなのに、夫は「こんなの初めてだ~っ!」と大喜び。
案の定、海苔の上に大量の酢飯と具をてんこ盛りにして、巻けなくなっていました。
昔、学校でお祝い事がある日の給食に、何度か手巻き寿司が出て喜んだ記憶があります。
確か給食手巻き寿司のネタは、イカゲソ揚げ、キュウリ、スティックチーズだった気が。
今思うと・・・・・なのですが、あの頃は大喜びだったなぁ
ちなみに夫は給食でも手巻き寿司の記憶は無いそうです、そう歳変わらないはずなのに・・・

夕食の後、親世帯と一緒に軽~く豆まき(寒いので)
節分の福豆は大好きで、歳の数では足りません。

blogランキングに参加しています。
ぜひクリックをお願いします↓↓

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
<< アサヒスタイルフリー“からだに... 鉄鍋餃子 >>