ねてもさめても

2007 クリスマスメニュー 2 (ローストチキン)

c0146637_2349577.jpgクリスマスイブ メニュー 女性4人&我が家夫婦

・ローストチキン
作り方は↓に別記
・チーズフォンデュ
具材 パン色々・ソーセージ・シーフード・ブロッコリー・カリフラワー・アスパラ・おくら・ウズラの卵・カボチャ
ローストチキン・チキンと一緒に焼いたジャガイモ・人参・エリンギ
・豆マリネサラダ(ドレッシング)
先日(2/22の記事)作ったマリネ液を使い、豆マリネ・ブラックオリーブ・アボカドをサラダリーフに混ぜ、マリネ液と市販のドレッシングをかける。
・カボチャサラダ 
ベーコン・しめじを塩胡椒で炒めたものを、茹でてつぶしたカボチャに混ぜ、マヨで和える(kieさんレシピ)

ローストチキン
昨年に続き今年も挑戦。
昨年に比べ手順も焼き方もシンプルに、そして美味しくできました☆
詰め物のない、ハーブ風味のシンプルなチキンです。

材料
・丸鶏(中抜きのもの)
・セロリ 一束
・フレッシュハーブ ローズマリー・タイム
・ドライハーブ オレガノ・バジル
・天然塩 1カップ位
・スパイス 黒胡椒・クレイジーペッパー・ローレルなど
・オリーブオイル
・一緒に焼く野菜 ジャガイモ・人参
・タコ糸か竹串


c0146637_23503510.jpg丸鶏はよく洗って水気をふき取る。
セロリ(適当な大きさに切る)、フレッシュハーブ、塩・ドライハーブ・スパイスをまぜたものを準備しておく

c0146637_23505220.jpg塩&スパイスを鶏の外と中、手羽先の内側などにくまなくたっぷりすり込む。
1カップ使い切るくらいの勢いでたっぷり揉み込むのがコツ。
セロリ(茎の部分)とフレッシュハーブの2/3量を、鶏のお腹に詰め口を竹串で留め、この状態で1~2時間休ませる。
ここで鶏の足が広がらないよう二本合わせてタコ糸で縛る(私は竹串で固定しました)

c0146637_23513463.jpg鉄板にオーブンシートを敷き、セロリの葉、ローズマリーの上に鶏を置き、オリーブオイルをたっぷりすり込む。
火の通りにくいもものあたりにフォークで数箇所穴を開ける。
ローズマリー・タイム(葉の部分のみ)を鶏の表面に散らし、鶏の周りにジャガイモ・人参を配置。

c0146637_2352352.jpg200℃に温めたオーブンで30分→180℃で60分
鶏を裏返しながらゆっくり均等に火を通す。
ももに串を刺して、透明な汁が出るようならOK

一般的には裏返して足が上に来るように盛り付けているのかな?
すぐに解体するので、私はあまり形には気を使っていません(笑)

ちなみにローストチキンの足先には、銀紙や紙製のカバーのようなものが付いています。
これは足の骨の断面を隠すために付けているものだそうです。

パーティでの丸鶏は華やかで良いけれど、解体作業はやはり大変。
骨やら軟骨にしゃぶりついて、ガツンと食べたい場合はOKですが
上品に簡単に食べたいなら、やはり部位ごとに切った状態で焼くのがお薦めです。
[PR]
by msweb-food | 2007-12-24 23:48 | 季節のイベント | Comments(2)
Commented at 2008-01-08 09:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-01-08 20:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 2008 お正月 2007 クリスマスメニュー 1 >>